取手市・守谷市・つくばみらい市の
地域情報サイト シンヴィング

1994年から続く地域情報誌『シンヴィング』の編集スタッフが作る地域情報サイトです。

広告をお考えの方はこちら

Web版 シンヴィング

エリア キーワード

投稿日: 2020年10月3日

火事に遭った時だけじゃない!火災保険を見直して賢く暮らそう

住宅が損害を受けた時に備えて加入している火災保険。
その名称から火事に遭った時だけ適用されると
思っている人も多いようです。
火災保険で家の補修が出来ることをご存じですか?
そんな火災保険について考えてみましょう。

今回は「保険のみらい」取手支店長の阿部直樹さんに
火災保険について詳しく教えて頂きました!


 

火災に遭った時でなくても、火災保険は適用されますか?

加入されている保険の特約の内容にもよりますが、
火事以外の損害でも適用される場合が多いです。

 

例えばどのような修理が可能ですか?

暴風や落雷、ひょう、水災からガス爆発や
外部からの飛来物による破損まで
適用される場合もあります。

 

我が家がどこまで補償されるのか分かりません

まずは火災保険に加入されているかどうかと、
加入している場合は保険証券の内容を
確認してみてください。
保険期間や補償内容、
特約が我が家に見合っているか
改めて確認してみてください。

CHECKPOINT!

  • 火災保険に加入しているか
  • 保険期間が過ぎていないか
  • 補償内容、特約は見合っているか

 

被災したら、まずどうすれば良いですか?

加入している保険会社や代理店に連絡してください。
スタッフが現場に来て写真を撮るか、
もしくは破損状況の写真を撮るように
指示があります。
ここで大切なのは、焦らないことです。
落ち着いて、必要なこと、心配なことを抜かりなく
相談してください。

 

適用した場合、その後の保険料は上がりませんか?

火災保険は、自動車保険のように
保険を使ったために保険料が上がるという
仕組みではありません。
「先月、屋根の補修に使ってしまったけれど、
今回は暴風で外壁に破損があった」というように、
過去適用した箇所と別の補修なら適用されます。

 

火災保険に加入していません。今からでも加入できますか?

加入できます。
補償内容に応じて保険料が変わってきます。
お家の状態に合わせて
検討されるのが良いかと思います。

 

どこに相談すれば良いですか?

地域の保険を取り扱う窓口に
相談することをおすすめします。
実際に被害に遭った時は、
皆さん大変不安な気持ちになります。
そんな時に現場の確認から補修内容、
工事の依頼先などを
親身になって相談に乗ってくれる
地元の保険代理店を見つけておくと良いでしょう。


取材した記者も、取材後に火災保険の証券を
確認しようとしましたが、見当たらず…。
結局、新築時の家の資料ファイルの中に
保管してありました。
火災保険の特約など
10年間気にも留めていませんでしたが、
改めて補償内容を確認。
加入している保険を賢く使って
暮らしに役立てたいものです。

取材協力:保険のみらい取手支店


住宅が被災して破損した場合の対処方法は
こちらをご覧ください。