1994年から続く地域情報紙『シンヴィング』の編集スタッフが作る情報サイト

【Vol.2】県内最大級の園芸店!小美玉の花木センターは想像以上の植物ワンダーランドでした!

投稿日: 2021年9月15日

【Vol.2】県内最大級の園芸店!小美玉の花木センターは想像以上の植物ワンダーランドでした!

それでは、花木センターレポの続き、第二弾といきましょう!(花木センターの施設MAPはコチラ

※『小美玉の花木センターは想像以上の植物ワンダーランドでした!Vol.1』はコチラ

 

私が、個人的に一番テンションが上がったのが、この第1温室です。

 

とにもかくにも、観葉植物や花の苗の種類が豊富。
今や観葉植物もネットショッピングで買えちゃう時代ですが、やはり実物を見てみると、葉の大きさのバランスや色味など、いろいろな発見があるし、苗の数が多いものは、好きな樹形を選べるのがいいですよね。

 

個性的なフォルムのユーフォルビアに、

 

サンスベリアは、大中小さまざまなサイズがありましたが、置き場所が離れていました。小さめサイズは、第1温室内の第3温室側が一番多かったかな。

 

フィカス(ゴムの木)も、第1温室と第3温室に分かれて、高さ130㎝を超える大きめの木から、50㎝ほどの小さいサイズまで、さまざま。モンステラやプルメリアなどもありましたよ。

 

第1温室内には、観葉植物の入門としてオススメの多肉植物もあります。

こうやってみると、多肉植物も、グリーンだけでなく、シルバーっぽいものや赤みのあるもの、班があるものなど表情豊かなんですね~。

ツルは長いと2メートルほどにもなるカンガルーポケット

 

カンガルーポケット(ディスキディア)の花言葉は「平和」。丸い形をした葉が通常ですが、ごく稀にハート型の葉っぱが出現するそうで、それにちなんでつけられたそう。ハンギンググリーンとして人気の植物ですよね。

多肉植物って、形が独特ですよね。こちらの「ガステリア」は、アフリカ南部に分布する多肉植物。

耐暑性も耐寒性も低いので、春から秋は風通しのいい屋外の明るい日陰に、冬は室内に置くのがいいそう。

アフリカ出身なのに暑さに弱いの?と思ったら、ケープタウン(南アフリカ)の平均最高気温って25℃なんですね。

 

塊根植物「アデニウム」の憎めないぽってり感のある佇まいもいいです。

 

ぽってりビジュアルの代表格と言えば、この子。「ガジュマル」も、こ~~んなにありました。

ガジュマルは、それぞれ樹形に個性があるので、これだけあると好みの形が見つかりそうですね。

こちらは、ガジュマルの近くにあったハンギンググリーンコーナー。写真のほかにも、シュガーバインやワイヤープランツなどが置いてありました。サンスベリアの小さめサイズも、第1温室内のこの辺りに並んでいます。

 

グリーンピースのようなコロコロの葉がネックレスのように連なった「グリーンネックレス」は、秋に小さな白い花を咲かせてくれるそう。関東地域であれば、戸外で育てることもOKだけど、真夏の直射日光はNGとのことです。

 

ここまで、インドア系のグリーンを中心にご紹介してきましたが、もちろん、それだけではありません!

 

花木センターでは、オリーブにミモザ、シマトネリコといった常緑樹など、地植えで売られている植物もあります。詳しい方なら「こんな(珍しい)木も扱ってる!」という種類があるんだろうなぁ。

ブルーベリーやラズベリーといった果樹の鉢植えなど、こちらも種類が豊富。

 

ほかにも、生け垣コーナーがあったり、

 

成長を待たずして、シンボルツリーの存在感を発揮してくれる、こんな大きな木まであります。

 

これまで、ホームセンターの園芸店しか訪れたことのなかった超園芸ビギナーの私は、

地植えで植物が売られている、この光景がわりと衝撃でして…、規模の違いに、なぜかずっと半笑いでした。(目撃した人怖かっただろうね。)

 

他にも、土や肥料、植木鉢などの園芸用品の取り扱いもあります。

 

なんでも、花木センターは、いろいろな園芸店がそれぞれのスペースで展示販売をしている場所なのだそうです。

言うならば、園芸アベンジャーズみたいな?そういうこと?(え?どういうこと?笑)

 

そのため、同じ種類の花木が同じ場所でまとめられているわけではなく、それぞれの園芸店での扱いがあるので、その点は、お目当てを見つける際に注意が必要です。

 

店内を一通り見て歩いたら、すでに2時間が経過していました。お店の人と話しつつ、夢中になって見ていたので、あっという間でしたが、歩き回ったので、わりとヘトヘト。

 

一回休憩して、もっとじっくり見たいなぁ、と思ったら、ありました。(笑)

 

店内に食堂。

これはもう、「どうぞ1日お過ごしください」ってやつですね。

次にプライベートで来た際には、多分お昼はここです。ここにいます。

 

ただ、さすがにこの日は、仕事なのでね。

店内にあるショップで、ソフトクリームだけ購入して帰りました。

(しかも、このソフトクリームが濃厚で美味しかった。)

小美玉産の生乳を使ったソフトクリーム。小美玉は、県内有数の酪農地域でもあります

 

敷地内には、野菜直売所があり、この日は水産品のお店もオープンしていました。

 

ちなみに駐車場は、運動会ができるくらいの広さですので、駐車スキルに自信のない方も安心です。(笑)

 

見ていただくのが一番!と画像多めでお伝えした、小美玉の花木センターレポVol.1とVol.2でしたが、いかがだったでしょうか?

 

植物に詳しい方と一緒に行けば、もっともっといろんな発見があるんだろうなと思いつつ、それでも、想像をはるかに超える植物ワンダーランドな店内は、園芸好きの方もビギナーの方も、はるばる遠方から訪れるとしても、とにかく一度行って損はない園芸店でした!

 

常磐自動車道で行かれる際は、石岡小美玉スマートICが便利です。(なぜか行きは、ナビが「千代田石岡IC」で降ろすので、従ってみたら渋滞する国道6号線を11㎞も北上する羽目になりました。)

 

あとね、花木センターの店員さんは、みなさん、とっても親切で感じがいいんです。育て方なんかもていねいに教えてくれるし、そういうのって大事ですよね~。

 

来店した際に、気になることがあれば、ぜひ気軽に店員さんに話しかけてみてくださいね♪

 

 

トキワ園芸農協花木センター

茨城県小美玉市部室1189−4

定休日:不定休

営業時間

10月16日~ 2月28日
9:30~17:15

3月 1日~10月15日

9:30~17:15

※12月31日、1月2日、3日のみ 16:00閉園

0299-48ー2031

HPはコチラ

 

 

投稿者プロフィール

ハリ
ハリ
40代・一児の母。
大食いのくせに胃腸が弱いという、わがままボディの持ち主。
趣味は旅行。底値で航空券やホテルをゲットすることが喜び。
興味なかったはずの韓国エンタメ沼にも最近落ちました…。

最新クチコミ

 

現在クチコミはありません。クチコミお待ちしております。

クチコミをする

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。
コメントと一緒に評価☆☆☆☆☆をお願いします。

CAPTCHA