取手市・守谷市・つくばみらい市の
地域情報サイト シンヴィング

1994年から続く地域情報誌『シンヴィング』の編集スタッフが作る地域情報サイトです。

広告をお考えの方はこちら

Web版 シンヴィング

エリア キーワード

投稿日: 2018年11月28日

ちゃっかり母さん「貯まる家計への第一歩とは?」

人生の三大出費「住宅」「教育費」「老後」に備えるにはどうしたらいいの?

住宅の購入費や教育資金など、将来、大きな出費が予想される子育て世代は、
特に不安に思う方も多いのではないでしょうか。

そこで“お金のプロ”である、ファイナンシャルプランナー(FP)の中山紀子さんに
子育て世代の気になる“お金のハナシ”を聞いてみました。

 

日々の“やりくり”の相談もOK

私たちが相談を受ける際に、まず作成するのが「キャッシュフロー」と呼ばれる、
一定期間の支出と収入をまとめた表です。

キャッシュフローは、食費をはじめ、あらゆる暮らしのお金を確認しながら作るため、
FPには住宅ローンや保険の見直し、資産運用といった長期的なお金のことだけでなく、
月々の家計のやりくりなども気軽に相談していただいてOKなんです。

貯金できる人は、○○上手!

貯まらないご家庭にありがちなのが「何にいくら使っているのか知らない」ということ。
これは特に、共働きのご家庭に多いですね。

収入に余裕がある分、支出がかさんでも何とかなってしまうからでしょう。
それでは「今」はよくても、先々の不安は増すばかりです。

ズバリ言わせていただくなら「貯金上手=管理上手」。

貯蓄への第一歩は、お金の流れを把握し、
1か月で“使っていいお金”を具体的に数字で知ることです。

貯蓄分は手元に残さない!

“使っていいお金”が分かったら、初めに貯蓄分を差し引いてしまいましょう。
貯蓄分は積立式の預金に回すなど、手元に残さないように貯まる仕組みを作ることも
重要です。

また、病気やケガなどのための「短期」、旅行や家電の買い替えなどの「中期」、
老後や住宅費などの「長期」と貯蓄を3つに分け、定期預金や投資など、
それぞれに合った貯蓄方法を選ぶと、より効果的に貯めることができます。

また、最近は「夫婦で別のお財布」という方も増えていますが、
1つくらいは「夫婦のお財布」を作って欲しいですね。

ぜひお子さまも交えて家族で、「今」と「将来」を幸せに暮らすための、
お金の話をしてみてください。

【次回は】
“借りられるお金”で決めていませんか?
お金のハナシ~マイホーム編~です!

【教えてくれた人】

FPオフィスライフワークス 代表 中山紀子さん

家計のコツから住宅の購入相談、保険の見直し、資産運用まで、
相談者の立場に立ったきめ細やかで親身なサポートが好評。
また働く女性として実体験に基づいた的確なアドバイスでも
共働き家族の強い味方となってくれる。

『FPオフィスライフワークス』
住所/つくば市篠崎931-4
TEL/029‐879-0950