取手市・守谷市・つくばみらい市の
地域情報サイト シンヴィング

1994年から続く地域情報誌『シンヴィング』の編集スタッフが作る地域情報サイトです。

広告をお考えの方はこちら

Web版 シンヴィング

エリア キーワード

投稿日: 2020年10月1日

秋の衣替え

長かった夏もやっと終わり、
秋の気配が感じられる頃となりました。
空気が乾燥して洗濯物が乾きやすく、
衣替えに最適の時期。
夏物の衣類をすっきり片付けましょう。

 

しまう前に汚れをチェック

夏物の衣類は着る度に洗っていると思いますが、
衣替えの前にもう一度汚れをチェックしましょう。
そして少しでも汚れや黄ばみが気になるものは
もう一度洗濯を。

とくに2シーズン以上着ているものや
何度も着たものは汚れが蓄積していて、
来シーズンまでにシミや黄ばみが
出てきてしまうこともあります。
皮脂汚れや臭いが気になるものは
酸素系漂白剤を入れて洗い直しをし、
ブラウスなどのおしゃれ着や襟などの
伸びやヨレが気になる衣類は
ウール用洗剤を使って洗い直しましょう。

 

しまうときは湿気に注意

タンスや衣装ケースに入れたり、
クローゼットにしまったりする際には、
湿気に注意しましょう。
湿気を入れないよう、
晴れて湿度の低い日に収納し、
湿気取りのシートを敷いたり、
クローゼットに湿気取り剤を置いたりして
対策しましょう。

 

「使う時が楽」を基本に

すべての収納の基本は「使う時が楽」です。
衣類のほつれやボタンの緩みを見つけたら、
補修してからしまうようにしましょう。
衣類をしまう場所や順番も、
次に着るときのことを考えて収納しましょう。

 

衣替えをしないという選択

夏に着たタンクトップやTシャツを
インナーに着たり、
暖かいインナーを着た上に
薄手のブラウスを羽織ったり、
着方を工夫すれば夏物の衣類も
一年中活用することができます。
衣替えの手間を省き、
洋服の枚数を減らして管理が楽になるよう、
オールシーズンで使える衣類を
選んでいくのも賢い生活の知恵です。

 

洗ったものはタグで区別

これからの時期、
一度着ただけでは洗濯しない衣類も出てきます。
置き場に困るこれらの衣類は、
ハンガーにかけておくと湿気が取れ、
しわにもならずに次も気持ちよく着られます。
ハンガーにかける際は、
一度着たことがわかるよう、
リボンやタグなどで目印をつけておきましょう。
またはクローゼットの中の
右と左で分けるなどしておくと、
洗濯済のものと区別しやすいです。

 

ホームウェアで快適おうち時間

これから夜が長くなり、
コロナ禍もあって家で過ごす時間が増えそうです。
おうち時間が快適になるよう、
お気に入りのホームウエアを
見つけてみてはいかがでしょう。
また睡眠の質を高めるためにも、
パジャマもこだわって選びましょう。