取手市・守谷市・つくばみらい市の
地域情報サイト シンヴィング

1994年から続く地域情報誌『シンヴィング』の編集スタッフが作る地域情報サイトです。

広告をお考えの方はこちら

Web版 シンヴィング

エリア キーワード

投稿日: 2020年11月6日

クリスマスケーキ特集2020

今年もやってきましたこの季節!
今年はどんなクリスマスケーキ?
どこのケーキにする?そんな話題も聞こえてくる頃ですね。
今回クリスマスケーキの特集を組むにあたり、読者アンケートを実施。
オススメの声が多かったお店に直撃して来ました!

La Chouette (ラ・シュエット)

サンタデコレーション  15㎝ 3,780円(税込)

10月に5周年を迎えた取手にある「ラ・シュエット」は、多くの地元読者からのオススメの声がありました。クリスマスケーキは、写真のサンタデコレーション。特筆すべきはケーキに使われているイチゴで、無農薬・無化学肥料をモットーとする取手市のシモタファームから仕入れたイチゴを使用するなど材料も厳選されています。
そして特にシェフがこだわったのがスポンジのしっとり感とふわふわ感のバランス。一口食べた瞬間、その食感に幸せな気分になること間違い無し!
●11月中旬から店頭にて予約開始、詳しくはHPをチェックして。

【所在地】取手市新町5‐18‐18
【営業時間】10時~19時 火曜定休
【電 話】0297-63-3234
【HP】https://www.la-chouette.site/


「お手土産でもらった焼き菓子が美味しかったから」と遠方から訪ねて来る人もいるそう。取材中も「このケーキが美味しかったよ」とお友達と話しながらお買い物をしている人もいるほど、クチコミで評判が広がる地元の人気店。

 

sweets home iroha (スイーツホームイロハ)

苺と生クリームのケーキ 15㎝ 3,672円(税込)

つくばみらい市の陽光台にある「スイーツホーム イロハ」のクリスマスケーキは、定番の「苺と生クリームのケーキ」。シンプルな見た目にどこか安心感を覚えます。材料の卵は茨城県産の濃厚な味わいが特徴の奥久慈卵を使用。北海道産の生クリームと国産の小麦粉が使われています。
イロハの鈴木シェフが大事にしているのは、甘すぎずシンプルな美味しさ。若いファミリー世帯が多いエリアということもあり、小さな子どもでも安心して食べられるよう材料を厳選し、リキュールなども効かせすぎないように心掛けているとのこと。クリスマスケーキは、この他にも6種類ほどを予定しているそうで、どんなラインナップになるのか要チェック!
●予約開始は店舗にて11月中旬から。

【所在地】つくばみらい市陽光台1‐18‐5
【営業時間】10時~18時 水曜定休
【電 話】0297‐58‐1680
【HP】https://www.sweets-home-iroha.com/


陽光台のカスミ近く、ビルの1階にある白色で統一された可愛らしい店舗。特別な日でなくても、気軽に立ち寄りケーキを買って帰りたくなるような、日常に溶け込む雰囲気が魅力のお店です。

 

菓子工房 あおい

マロンカスタード 15㎝ 3,000円(税込)

守谷市の南守谷にある「菓子工房 あおい」では、毎年6種類、10サイズ以上の種類豊富なクリスマスケーキが用意されています。今回取材したのは「あおい」ならではのクリスマスケーキ「マロンカスタード」。
川田シェフによると、通常のクリスマスケーキに比べて、口当たり軽く食べられる商品を作りたくて考案したそう。ブッセ風のスポンジに生クリームたっぷりのカスタードクリームがサンドされています。スポンジもクリームもふわりと軽い食感で、甘さも控えめ。クリームの中の栗の渋皮煮の風味がアクセントになっています。軽さを出すために脂肪分や粉の配分も低く抑えられた、一味違うクリスマスケーキです。
●11月初旬から店頭にて予約開始。

【所在地】守谷市美園2‐16‐11
【営業時間】10時~18時 火・水定休
【電 話】0297-46-3387
【HP】http://www.patisserie-aoi.com/


ショートケーキから焼き菓子まで豊富な種類の商品が揃います。看板商品の季節のロールケーキは、冬はイチゴ、初夏から夏にかけてはメロンや桃、秋には梨を使用するなど訪れるたびに違った味に出会えるのが嬉しい。菓子職人、販売スタッフも募集中!

 


どの店舗のクリスマスケーキも数に限りがあるので、早めの予約がおすすめです!