取手市・守谷市・つくばみらい市の
地域情報サイト シンヴィング

1994年から続く地域情報誌『シンヴィング』の編集スタッフが作る地域情報サイトです。

広告をお考えの方はこちら

Web版 シンヴィング

エリア キーワード

しんろくほんてん

創業明治元年 新六本店

TEL.0297-72-0006 取手市取手2-13-36

取手のお土産なら新六の奈良漬

10/20(土)新六本店150周年記念大感謝祭

配信日:2018.09.27

 

創業明治元年、皆様のご愛顧に支えられて150年!

 

新六の歴史を遡ると、江戸時代は、造り酒屋を営み、その後舟運業に切り替え

「河岸の新六」として、栄えてきました。

その当時、自家製で粕漬けを作り、近所に配ったところ美味しいと評判だったそうです。

明治元年になり、自家製で作っていた奈良漬を

「新六の奈良漬」として、製造販売を始めました。

 

明治29年に常磐線が開通してからは、

「取手名産新六の奈良漬はいかが~」と取手駅のホームで

販売が始まり、地元の名産品としてうたわれるようになりました。

 

時代が変わっても、「取手の奈良漬」として愛されてきた新六の奈良漬を、

今まで支えてくれた皆様に感謝の気持ちを込めて、感謝祭を開催いたします。

 

  

日時:10月20日(土)

10:00~19:00 新六本店店内にて

 

:感謝の意を込めて奈良漬全品15%割引!

 

気楽にもっと奈良漬を!

買ったらすぐに食べられる「きざみ奈良漬」「すらいす奈良漬」を新発売

店内にて奈良漬を使った簡単レシピを試食していただきます。

 

 

創業150周年復刻版奈良漬セット

  昭和初期のレトロな掛け紙を復刻した奈良漬セットを記念発売

 

★奈良漬お買い上げのお客様先着150名様に

人気のパン工房クーロンヌ特製「新六の奈良漬入りフルーツブレッド」をプレゼント

 

  

17:00~20:00 蔵にて

一夜限りの蔵バル オープン

夕暮れ時に、蔵の中でジャズの生演奏を聴きながら、

プロのシェフによる奈良漬レシピの食べ比べと

ワインや日本酒のマリアージュもお楽しみいただけます。

また、昔懐かしい写真も展示する予定です。

古き良き時代の取手を新六本店の歴史とともに

思い出してみてください。

(お申込 先着100名 10/1より本店・駅前店にて受付開始 会費1,000円)

本店:0297-72-0006
駅前店:0297-72-0285

 

 

店舗情報

テレビでも度々紹介された取手の老舗「新六本店」。
新鮮な瓜・胡瓜・茄子などの野菜に、地酒から生まれた良質の酒粕を使い、
丹精込めて作られた奈良漬は、贈り物にも喜ばれる逸品です。

お好きな奈良漬や、他の商品を自由に組み合わせられる
詰め合わせ「とねかおる味の詰め合わせ」も人気です。

【明治天皇、昭和陛下よりお買い上げの光栄に浴して】
明治33年、明治天皇笠間行幸の際、茨城県知事を経て、宮内大臣田中光顕閣下より奉献の栄を賜る。
さらに昭和4年、水戸陸軍特別大演習に、昭和陛下行幸の天覧を賜り、宮内省よりお買い上げの光栄に浴した。

エリア 茨城県 >
ジャンル
評価
4

4

おすすめポイント・メニュー

★奈良漬お買い上げのお客様先着150名様に
人気のパン工房クーロンヌ特製
「新六の奈良漬入りフルーツブレッド」をプレゼント!
こちらもお楽しみに!

編集部からひとこと

試食でいただける奈良漬レシピは、
家でも簡単に作れて、ワインや日本酒によく合うので
ぜひ、味見してくださいね!

創業明治元年 新六本店
住所 〒302-0004
取手市取手2-13-36
電話番号 0297-72-0006
営業時間 8:30〜19:00
定休日 月曜日
駐車スペース あり
ホームページ http://www.shinroku.co.jp/
その他 info@shinroku.co.jp

公開日:2018.09.27
内容は公開日現在の情報となっております。
事前にご確認の上ご利用ください

最新クチコミ

ゆきさん 2018.04.30

4

瓜の粕漬けが有名で、美味しいですが、梅の粕漬けもあるのを知ってますか?
お高い詰め合わせに入っているので、なかなか自分で買って食べることはできないです。誰か贈ってください。

はなさん 2018.06.09

3

お店は小ぢんまりとした感じですが大変きれいで試食もあり買いやすいです。御贈答には喜ばれると思います。

クチコミする クチコミをもっと見る